hacoyuの日記

北海道在住21年目。持病のこと、子育てのことなど少しずつ

自営業の嫁②

旦那が家業を継いで初めての年度末。初の年末調整にあたふたしたと思ったらあっという間に年度末。

小さな会社だけど顧問税理士さんがいるので、伝票などのわからないことは担当の方に色々教えてもらいながら日々仕事をしています。半年くらいは義母に言われるまま伝票処理をし、会社の用事を片付ける毎日からもうすぐ1年。

義母は義父が家業を継いでから40年、実家に入り、息子二人の子育てをしながら祖父母を含む家庭と家業のやりくりを一人でしてきました。夜間の簿記学校に通い、給料日には職人さんたちに料理を振る舞い、それは大変だったと思います。私には無理だな…

70歳でやっと交代。実家の一室が事務所なのでわからないことはいつでも聞けるし、家の用事と仕事は分ける義父母なので、それは本当にありがたい。月1の支払日だけ手伝いに行っていた頃も、お昼御飯の片付けを…と思うと、義母は『仕事に来てるんだから台所はそのままでいいよ』と。

今もその考えは変わらず、私は社員として仕事に来ているだけで、嫁として頼まれることはほんの些細なことだけ。90歳の旦那の祖母がおしゃべりしたくて事務所に来ても、仕事の邪魔をするんじゃないと部屋に返されてしまうのはちょっと可哀想だけど(^-^;

違和感なく、抵抗なく義母から事務を引き継げたのは、義父母の気遣いのおかげなのだと忘れないようにいたいと思う。